狭山市の柏原接骨院 | むち打ちでお困りですか?交通事故治療のことなら
狭山市|柏原接骨院>スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツをなさる方へ

スポーツにおける怪我で最も多いのが、競技にもよりますが足関節の捻挫、肉離れ、靭帯損傷などになります。

しかしトップアスリートを除けば、足関節の捻挫や、肉離れなどでは体を少し休めて、痛みが軽減した時点でテーピングしたり、サポーターをつけた状態で復帰している方が大半となります。

そのような状態で復帰したとしても、症状が悪化するケースが非常に多く、競技を続行することが困難になる場合がほとんどではないでしょうか?


なので、捻挫は癖になったり、少し疲れてくると違和感や痛みが増す、テーピングやサポーターがないと恐怖心から思い切ったプレーが出来ない・・・このような事で悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。

安静と完治はイコールではないのです。

怪我の状態が重いほど、安静にしていただけでは元に戻らないので、適切な処置と適切なリハビリを行うからこそ、復帰できるのです。

 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。